コラーゲンは体内で生成される

 ちょっと前に、「コラーゲンを飲食してもお肌はすべすべになりません」という記事を書きました。

 コラーゲン以外にもヒアルロン酸、コンドロイチン、プロテオグリカンなどは高分子なので、消化吸収される際に分解されてばらばらになってしまいます。ですから、これらを飲食物として、あるいは栄養補助食品として高額な商品を購入して摂取しても、全く意味はないのです。

 これらは体内で合成されるのですが、代謝を上げる、すなわち血行を良くすれば合成が促進され、お肌はすべすべになります。

 皮膚は、表皮の一番内側の基底層で細胞が生まれます。基底層で新しい細胞が生まれる時、その下層の真皮にある繊維芽細胞から分泌されるコラ ーゲンやヒアルロン酸などが養分となります 。すなわち、繊維芽細胞が分泌する量が少なくなれば、お肌に潤いはなくなります。

 前述したように、繊維芽細胞でコラ ーゲンやヒアルロン酸などが生成されるわけですが、そのためには「材料」が必要となります。「材料」は腸で吸収され、血液で運ばれてきます。すなわち、血流を良くして基礎代謝を上げてあげれば繊維芽細胞の働きは活発になり、コラ ーゲンやヒアルロン酸の分泌が盛んになります。

 血流を良くして基礎代謝を上げるにはどうしたら良いか。一言で言うと、筋肉をほぐしてあげれば良いのです。

 筋肉がこってきて固くなると、2つの理由で血流が悪くなります。

 まず、筋肉がこっていると、その部分の交感神経が優位になっています。そうすると、交感神経は血流を抑制してしまいますから、動脈の血流が悪くなります。

 さらに、静脈とリンパ腺は筋肉の弾力で流れます。筋肉がこっていれば弾力は失われていますから、静脈とリンパ腺の流れも悪くなります。

 ぐるぐる整体では顔をほぐす施術を行ないますが、皆さん驚くのは非常に顔の筋肉がこっているということです。顔をほぐすと血行が良くなって、まず水分の補給が充分行き届きますから、即効で小じわやほうれい線が消えていくことがあります。さらに時間と共にコラ ーゲンやヒアルロン酸などの分泌が盛んになりますから、お肌の潤いを取り戻すことができます。

 ですから、筋肉をほぐしてあげれば血流は良くなり、基礎代謝が上がってお肌の潤いを取り戻すことができます。

The British Musium
2002年9月16日撮影