マキノ出版「安心」8月号に掲載されました

 少々時間が経ってしまいましたが、マキノ出版から発行されている月刊誌「安心」8月号に、5月号に続いて私の施術方法が掲載されました。今回は133ページから17ページにわたり掲載され、具体的に綿棒と手を使うセルフケアについて解説しています。

安心2017年8月号表紙

 

 今回の記事では、まず「基本の綿棒ぐるぐる整体」として

  • 自律神経の調整
  • 骨盤矯正

を説明しています。

 ここで説明している「自律神経の調整」だけで寝つきが良くなったお客様もいらっしゃいますし、「骨盤矯正」が自分でできるのが、凄いと思いませんか。

 続いて、個別のやり方として

  • 膝痛(ひざ痛)
  • 外反母趾
  • ほうれい線
  • 眼瞼下垂
  • 突発性難聴
  • 歯ぎしり

について説明しています。

 ただし、記事の綿棒の持ち方は綿棒の真ん中を持っていますが、これは間違っています。綿棒の根元を持たないと効果が出ません。綿棒をぐるぐると動かすのですが、真ん中を持ってしまうと接触している皮膚が動かないからです。

 記事では、一指法整体で効果があった症状等についても、次のように記述しています。

これまでに頭痛、歯ぎしり、肩こり、ひざ痛、腰痛、坐骨神経痛、ぎっくり腰、生理痛、眼瞼下垂、突発性難聴、めまい、耳鳴り、乗物酔い、夜泣き、便秘、下痢、外反拇趾、繊維筋痛症、網膜色素変成症、うつ病、統合失調症、小顔、しみ、そばかす、しわ、薄毛、体形姿勢改善(猫背)、減量、セルライトなどに効果を上げています。

安心2017年8月号記事表紙

バックナンバーは、こちらでお買い求めください。

 

英国ポーツマス海軍工廠 空母 2002年9月15日撮影