産婦人科医に「妊娠できない」と言われたお客様

 2014年11月から通われている常連のお客様、昨年(2016年)8月から急に来店される頻度が高くなり、どうしたのだろうと思ったら妊娠されていました。

 10月に妊娠3か月とわかったのですが、いろいろお話を伺って過去に辛い経験をされていた事がわかりました。

 お客様が18歳になった時生理不順に見舞われ、生理がないという状況にもなってしまいました。24歳の時に産婦人科に行き、低用量ピルを処方してもらって服用を始め生理は来るようになったのですが、27歳で服用を止めました。その後28歳からは自然に生理が来るようになりましたが、不定期で生理痛も酷かったそうです。

 その後ぐるぐる整体池袋に来られるようになり、生理が安定し始めて徐々に生理痛もなくなり、妊娠となりました。

 さて、このような経緯で妊娠されたのですが、産婦人科医に「自然に生理が来ないと思うし、来ても自然妊娠はない」と断言されたそうです。

 「妊娠しにくいかもしれない」と言われるのと「自然妊娠はない」と断言されるのでは、全く異なります。断言された事によって妊娠を諦めかけていたお客様の心中を考えると、本当に酷いと思います。私は、医師のありかたとしていかがなものかと思います。

 「医療の蓋然性」で書きましたが、100%治る治療法はありませんし、100%だめだということもありません。これは、医学を目指す者として医師は最初に学んだはずだと思うのですが、「自然妊娠はない」と断言して患者さんを絶望させてさらに妊娠しにくい体質にさせてしまう。そういう医師が存在する事は、大変残念な事だと思います。

 このお客様の場合、幸いにしてうちに来ていただいた事により自律神経のバランスが良くなり、生理不順と生理痛も解消し、妊娠することができたと思っています。お客様には「本当に感謝です^ ^」と言われています。

こちらもお読みください。
辛い生理痛、楽になります!

 

H.M.S. Victory 英国ポーツマス海軍工廠 2002年9月15日撮影