腰部脊柱管狭窄症と閉塞性動脈硬化症

 歩き始めてしばらくすると下肢(ふとももや膝から下)にしびれや痛みが出たり力が入りにくくなって歩きづらくなり、少し前かがみになったり腰掛けたりすれば、また歩けるようになるという症状があります。これを間欠跛行(かんけつはこう)または間欠性跛行と言います。跛行とは脚を引きずって歩いている状態です。

 動いたりしないでじっと安静にしていれば、痛みやしびれはほとんどありません。また、背筋を伸ばして立ったり身体を後ろに反らすと、間欠跛行のように下肢にしびれや痛みが出たりする事があります。

 これらの症状を起こす原因の一つとして、腰部脊柱管狭窄症があります。悪化すると便や尿の出が悪くなったり、尿漏れを起こす事もあります。 日本整形外科学会のウェブページでは、原因について次のように説明されています。

加齢、労働、あるいは背骨の病気による影響で変形した椎間板と、背骨や椎間関節から突出した骨などにより、神経が圧迫されます。

脊柱管は背骨、椎間板、関節、黄色靱帯などで囲まれた脊髄の神経が通るトンネルです。年をとると背骨が変形したり、椎間板が膨らんだり、黄色靱帯が厚くなって神経の通る脊柱管を狭くなって(狭窄)、それによって神経が圧迫を受け、神経の血流が低下して脊柱管狭窄症が発症します。

椎間板ヘルニアに比べ中高年に発症することが多いようです。また背骨を後ろに反らすと脊柱管が狭くなり、前に曲げると広がるので、間歇性跛行が起こるのです。

 脊椎(背骨)(図1)は椎骨が重なってできており、椎骨には穴が空いています。この穴が連なって脊柱管が形成され、脳から骨盤まで脊髄(神経)が通っています。要するに、腰椎(図1の黄色の部分)や椎間板等の変形で脊柱管がせまくなって神経が圧迫され、さらに神経の血流が低下することによって腰部脊柱管狭窄症が発症するというのが日本整形外科学会の説明です。背筋を伸ばして立ったり身体を後ろに反らすと神経が圧迫されて痛みやしびれが強くなり、前かがみや自転車に乗った姿勢では楽になります。

 ところが、この説明では「筋肉のこり」の影響について全く言及されていません。

脊椎(背骨) Wikipediaより
図1 脊椎(背骨) Wikipediaより

 また、田辺三菱製薬作成の「歩行時に足の痛みを感じたら」では、手術的治療と保存的治療について次のように言及しています。

  • 保存的治療
    • 薬物療法: 消炎鎮痛剤や神経の血流を改善する循環改善薬の服用
    • ブロック療法: 局所麻酔やステロイド薬を、神経の外側に注入する硬膜外ブロックまたは1本の神経根の周囲に注入する神経根ブロック
    • 理学療法: ストレッチ、筋肉訓練、姿勢訓練あるいは温熱療法。コルセットを装着する事もあり
  • 手術的治療
    • 神経の圧迫を取り除く(除圧術)
    • 頑固な腰痛の場合脊椎固定術

 手術的治療ですが、状態が酷い場合手術の必要性はありますが、手術をする前に前述の保存的治療に加えて「やることはあると思う」というのが、私の考え方です。

 ここで説明されている保存的治療ですが、「筋肉のこり」をほぐすには温熱療法は効果的ですが、それ以外には手技ではストレッチしか言及されておらず、「ほぐす」という視点がありません。コルセットにしても圧迫によって血行を悪くしますから、連続装着は2時間が限界で一度緩める必要があるのですが、それも言及していません。

 腰部脊柱管狭窄症と病医院で診断されてぐるぐる整体にお越し頂くお客様ですが、全ての方の背骨の両側に沿ってある脊柱起立筋が腰椎の辺りでこりで固くなっています。筋肉はこると縮みますから、こりによって腰椎や椎間板が引っ張られてずれている可能性があります。そこで、時間はかかりますが脊柱起立筋のうち、特に胸棘筋(きょうきょくきん)と胸最長筋(きょうさいちょうきん)をほぐすと腰部脊柱管狭窄症は改善し、症状は出ないようになる可能性があります。

 

脊柱起立筋
図2 脊柱起立筋

 私のお客様の事例では、週1回の施術で早いお客様で6回の1か月半(85歳男性)、最も時間がかかったお客様(86歳女性)で8か月で緩解しました。

 施術時85歳男性のお客様はお話を伺っていると痛みの出ている場所から坐骨神経痛の可能性もあると見て臀部も意識してほぐしたのですが、当たりだったようです。

 施術時86歳女性のお客様の場合、50 m歩くと痛みとしびれで歩けなくなるので病院に行き、腰部脊柱管狭窄症と診断されましたが、「高齢のため手術ができない」と医師に言われてしまいました。すなわち「治せない」と言われ途方にくれていたのですが、30分の散歩は平気でできるほどに回復しました。「手術はできないけれど、様子を見ますので半年に一度来院してください」と医師に言われ、「治せないのに一体何しに行くのよ!」と怒っていました。

 また、このお二人に限らずしばらく一進一退の状態が続くのですが、急に痛みとしびれが消えて緩解するようです。

 さて、腰部脊柱管狭窄症と同じ間欠跛行が出る病気として「閉塞性動脈硬化症」があります。

 動脈硬化が起きると動脈は狭くなり(狭窄)、血流が悪くなります。さらに進行すると、動脈は完全に詰まってしまいます(閉塞)。この動脈硬化が脚の血管で起きる病気が閉塞性動脈硬化症です。最悪動脈の閉塞が起きればその先には血液が全く行きませんから脚または足が壊死を起こし、脚を切断しなければならない事も起きます。

 腰部脊柱管狭窄症だと思っていたら閉塞性動脈硬化症だったということがあるわけで、ここを間違えるととんでもない事になります。足の血流が悪くなるので、閉塞性動脈硬化症かどうか前述の「歩行時に足の痛みを感じたら」では、次のように自分自身での確認方法を説明しています。

  • 足の色の変化(白くなって赤みがない)
  • 足の爪の状態
  • 毛の生え具合

 さらに、治療についても次のように説明しています。

  • 運動療法
    • 無理のない範囲で歩く事によって脚の血行が良くなり、症状が軽くなる可能性がある
  • 薬物療法
    • 抗血小板薬の服用または注射
  • 血管内治療
    • 血管に細い管(カテーテル)を挿入し、管の先に付けた風船(バルーン)で血管を拡げたり、拡げてから金属製の網状の枠(ステント)を置く
  • 外科治療
    • バイパス手術(動脈硬化の進行が著しい場合)

 運動療法によって血行を良くして症状を軽くなる可能性について記述されていますが、ぐるぐる整体の一指法でも、図3のように足の温度を上昇させる事が可能です。サーモグラフィーで測定しなくても足の指先がほかほか温かくなることで、血行が良くなった事を自覚する事ができます。また、施術をしても足の温度が左右極端に違っている場合は、閉塞性動脈硬化症を疑った方が良いでしょう。

 いずれにせよ、まず病医院での検査と診察を受ける事が重要であり、その結果ぐるぐる整体にお越し頂くというのが病状回復には最善です。なお、100%楽になるということを保証するものではありません。

足の温度変化
図3 足の温度変化

 

英国ポーツマス海軍工廠 2002年9月15日撮影
英国ポーツマス海軍工廠 2002年9月15日撮影