外科専門医のお客様にお越し頂きました

 本日午後、「これからよろしいですか?」と電話を頂き、お客様がいらっしゃいました。

 首肩といった一般的に辛くなる所以外に「大腿裏」という、あまり辛いと言われる事がない部位が辛いと書かれていました。と同時に首の事を「左頚部」と書かれていて、皆さんこの字で書かれる事はまずないので「凄いな」とも思ったのでした。相当お疲れのようで、途中で「眠ってしまった」ということも言われていました。

 施術が終わって「整形外科学会って、骨盤がずれないと思っているのですよね」と説明したら、「実は私、整形がつかない外科医なんですよね」と言われたのです。

 驚きました!

 黙っていれば良いのに名乗っていただいて、大変光栄です。これで専門医にお越し頂いたのは5人目です。医師ですから私が何をやっているか大体わかるわけで、骨盤矯正が自分自身であっという間にできる等、効果と合わせて信用頂いたようです。

 「先生、手首気になりませんか?」と質問したら「たまに気になる事がある」と言われていたので、手が辛くなったらまたお越し頂けそうです。

South Sea, Portsmouth
写真: 英国、ポーツマス 2002年9月14日撮影